文系大学生がweb系会社でインターンするまでの道!

2019年5月8日

どうも~、 かす(@kasumoto666)です!

この記事を見てくれている方は文系の大学生からweb系の仕事に興味を持ち始めたという方がほとんどだと思います。でもなかなかそんな人は周りにもいないし、どうしたらいいかわからないですよね。

ぜひ興味のある方は参考にしてみてください。あくまでこれから紹介するのは僕の実体験であって、絶対的な成功法とかではないです(笑)こういう学習の進め方もあるということを知ってもらえると嬉しいです。

でも文系の大学生から解説してくれているサイトはあまりないので今回このような形で解説してみました。

そもそもお前は何者なんだって思ったかたはこちらのプロフィールをまず見てみてください!

文系未経験がweb系の会社でインターン!

文系の大学生が未経験からweb制作会社で働くまでのプロセスを、大きく3つのステップに分けて解説していきたいと思います。

早い人だと1ヵ月くらいでできちゃうかもしれません。僕は要領も悪くポンコツなので2~3ヵ月掛かってしまいましたが、そこは人それぞれです。焦らずに一つ一つ進めていきましょう。

焦りは禁物です。僕はこの焦りになんども邪魔されて、メンタルもかなりやられました。皆さんはそうならないよう、自分のペースを大切にしていきましょう!

HTML/CSSの勉強をする!

まずはHTML/CSSの勉強をしてみましょう。なにそれって方はこちらの記事で解説しているので、良かったらこちらを参考にしてみてください。

これを最初にした理由はハードルが低いからです。いきなりデザイン勉強したりってのも学習の進め方としてはあるのかもしれないですけど、文系の方だとどうしてもデザインに関わることは少ないと思います。

そこでおすすめなのがweb制作の仕事に関わっていく上で必要な知識の一つであるHTML/CSS。これはプログラミング言語(正確には違う)の一つなんですが、正直基礎知識までは文系理系関係なくある程度はつけられると思います。

僕も全くやったことなかったですけど、ちょっと頑張ればある程度の基礎知識はつけれました。

HTML/CSSの学習を一通り終えたら次のステップに進みましょう!

模写コーディングをする!

次は模写コーディングというものを行いましょう!これの詳しいやり方はこちらで解説しています。

これを行う理由は、自分の作品、つまりポートフォリオになるものを持っておくためです。ほとんどのweb制作会社では正社員にしろ、アルバイトにしろ採用する際はなんらかのポートフォリオがあるととても有利です。

なぜかというとそれは信頼につながるからです。自分が採用する側の立場だったらわかると思います。いくら未経験といっても、「勉強してます!」とか言われても口だけならどうとでも言えますよね。

そこでやっぱり目に見える作品が何かしらあると、「口だけじゃなくしっかりやる気があるんだな」という信頼につながります。

僕はこのポートフォリオを持っていたおかげで、本当は募集人数が満員だったんですけど、特別に働かせてもらえることになりました(笑)本当にその会社には感謝です…。

なので皆さんも勉強したら、それを何かしらの形でアウトプットしてみましょう。そうすると、その後の活動がスムーズに進みやすくなると思います。

模写したものを公開して、会社にメール送る!

模写コーディングで作ったデータはサーバーを借りて公開しましょう!

「サーバー?なんのこっちゃ??」

という方がほとんどだと思うので、こちらの記事でわかりやすく解説されているので参考にしてみてください。

まあ簡単に言うと自分で作ったサイトを誰でも見れるようにするって感じですかね(笑)でもここで注意して欲しいのが、模写したサイトはアクセス制限をかけることです!著作権などの問題があるので、それについてはこちらに詳しく記載されています。これはともて簡単にできるので絶対にやっておきましょう!

アクセス制限のかけ方

これをしておくと面接のとかがスムーズに進みます!文系の未経験でここまでやっておくと結構褒めらるので挑戦してみましょう(笑)でも正直サーバー借りて公開っていう作業もなかなか難しいと思うのでめげずに頑張ってください!

それが終わったら、近くのweb制作会社に働かせて下さい!っていうメールを送ってみましょう!正社員としては難しいと思いますが、バイトや契約社員、インターンなどという形だと意外と働かせてもらえます。

その際は求人サイトなどで検索して募集している会社の方がいいと思います。自分もIn〇eedさんで求人出していた会社にメール送って、翌日採用してもらえました(笑)

早すぎてちょっと不安でしたが、正直その辺は運ですね(笑)自分に合いそうな会社を探してみましょう!多少合わない会社に採用されても、スキルを付けれそうならちょっとがんばってみるのもありだと思います。

まとめ

  • まずHTML/CSSの勉強をする
  • ポートフォリオ作って、会社にメールして働かせてもらえるようお願いする
  • 正直これだけでもかなり大変だけど、折れずに頑張ろう!

いかがだったでしょうか。今回紹介したのは自分自身の経験を元にしたものであり、あくまで一例だということも忘れないで欲しいです。なので他の方法も調べたりして、自分なりの進め方を見出していくこともとても大切です。

ここまで読んでくれてありがとうございました!応援してます!