文系大学生必見!Macをどうやって買うとお得かパソコン比較してみた!

 

  

2020年3月27日

大学生になったら心機一転MacBookにしたいという方いますよね?あのデザイン性の高さや使い勝手の良さから大学生だけでなく、社会人からも人気の高いパソコンです。しかしその分値段はそこそこ高い…。でもお金がない大学生なら、なるべく安く買いたいですよね。

しかしApple製品は基本的にどこで購入しても値段はほとんど一緒なんです。まあブランド力が強いですから、安くする必要がありませんからしょうがないといえばしょうがないです。

それでもやっぱり、なるべくなら安く買いたいですよね!w そこで今回はMacBookをなるべく安く買うことができる3つの手段を紹介していきたいと思います!

 

一番オススメ!黙って学割を使う!

文系大学生の方はこれを利用するのが一番です。そこで今回は「MacBook Air」と「MacBook Pro」で価格を比較したいと思います。スペックについてはこちらの記事で紹介した学生に一番オススメのスペックを紹介していきます。自分に適したスペックがイマイチわからないという方はこちらの記事を参考にしてみてください。

今回設定したスペック

  • CPU:Core i5
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:SSD 256GB

では早速比較していきましょう。まずはMacBook Airからです。

MacBook Air比較(全てOffice付きの価格)

CPU メモリ ストレージ 価格
MacBook Air(通常価格) core i5 8GB SSD 256GB ¥152,460
MacBook Air(学割)オススメ! ¥138,560 ←今ならさらに180,000円お得に!(4/6まで)

※Officeは¥23,800(税抜き)です。

 

次はMacBook Proです。しかしこちらはかなり値段が跳ね上がるのであまりオススメはしません。文系の学生であればMacbook Airで十分です。

MacBook Pro比較(全てOffice付きの価格)

CPU メモリ ストレージ 価格
MacBook Pro(通常価格) core i5 8GB SSD 256GB ¥201,960
MacBook Pro(学割) ¥189,160 ←今ならさらに180,000円お得に!(4/6まで)

※Officeは¥23,800(税抜き)です。

 

つまり学割を利用すれば、1万円も安く購入することができます!しかも4/6までは180,000円分のApple Storeのギフトカードが付いてくるのでおよそ3万円程安くMacbookを購入することができます

以下公式サイトが学割専用サイトになってます。

Apple公式サイト学割

 

中古という選択肢もあり

MacBookはそのブランド力もあり、値段がかなり高いです。特にお金がまだあまりない学生にとってはかなり痛い出費です。でもとにかくMacデビューしたくて、安く買いたいという方は中古の購入も選択肢に入れてみましょう

最近では新品に近いものや、多少の傷がついているだけでまだまだ使える物も出品されています。オススメは「メルカリ」や「amazon」、「楽天」などで中古品がたくさん出品されています。

しかし中古品はあくまで、中古品なのであまり期待は高く設定しない方が良いです。買って見たら傷がついていたなんてこともあると思います。その辺りは自己責任で購入前には出品者の方としっかりコミュニケーションを取り、情報を集めてから購入しましょう。

中古品のメリットは安いのも一つの要因ですが、現在販売されていないデザインの物も売っていることです。例えば写真のようにりんごマークが光るタイプの物です。これちょっとかっこいいですよね。このデザインのMacBookは既に販売終了しているので新品で探すのは難しいです。

引用元:Macの向こうから

ですので基本的にはこの光るりんごマークのMacBookが欲しいのであれば中古でこちらから探してみましょう半額の6万円程で販売されている物もあるので中古品を視野に入れていない人もチェックする価値はありです!

意外と知らない整備品の購入

こちらは文系大学生にはあまりオススメしませんが、整備品の購入です。実は私はこの方法でMacBook購入して少し後悔しています。ところで整備品とはそもそも何のことなんでしょうか。初耳の人もきっといますよね。

Apple認定整備済製品はすべて、新品のApple製品と同様の機能上の基準を満たすため、全項目試験を含む厳格なプロセスで再整備を受けています。整備済デバイスはまったくの「新品同様」で、新品と比べて最大15%引きの特別価格で購入できます。

引用元:Apple公式サイト

価格帯で言うと、新品以下、中古未満ってとこですかね。でも新品レベルまで整備されているので中古のように、不具合が起こるといった心配はありません。心配な人は保証をつけることも可能です。

現在私はこの整備品の、MacBook Pro (13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3 ports)を2019年の夏に購入しました。その時の開封動画あったのでそれのスクショです。なんとなくイメージは掴めると思います。

まずはこんな感じでしっかりと箱もついて来てきれいに梱包されていました。

本体を見ても、全く傷はありませんでした。

特に問題はなく電源も付いて、新品と変わりなかったです。

今もバリバリ使っていますが、なんの問題もなく使用できています。整備品は商品の入れ替わりが激しく値段もそれによって変化するので、興味のある方は常にチェックすることをオススメします!

Apple整備済み製品-公式サイト

でも今考えると学割を利用すればよかったと後悔しています。あんまり情報集めないまま購入した自分が悪かったのですが、当時学割があるの知らなくて、学割を使えば整備品よりも同スペックで2万円くらいお得に買えたのに…。まあもう今更遅いんですがw

またMacbook購入後は液晶シートも買っておくのがオススメです。私が購入したのはこちらでした。気になる方は是非ご購入してみてください!

 

まとめ

  • 基本的には学割が一番オススメだけど、とにかく安さが最優先なら中古で買う!
  • 学生なら整備品よりも普通に学割使った方がいい!

今回はMacBookをお得に手に入れる3つの買い方を紹介してきました。文系大学生の方は是非これらの方法を用いて良い買い物ができること願っています。

また、これらの値段を見てみて、「MacBook高すぎる、またお金貯まってから買おう…」と思った方は、是非こちらの記事でMacBook以外のノートパソコンで安く、更に学生生活を安心して送れるパソコンを紹介しているので参考にして見てください。