文系大学生必見!MacBook Airでは容量が足りない?

 

  

2020年3月21日

大学生になってMacbookデビューしようと考えている学生さんもいると思います。そこでまず気になるのが、「MacBook Air 」と「MacBook Pro」のどちらにするかです。

なんか「Airだと容量が足りないとかって聞いたことあるけど実際どうなの」という疑問があると思います。その疑問が残ったまま買い物をするのは不安ですよね。パソコンは安いものではないので、一回買うと中々買い替えは難しいものです。

まず結論からいうと、文系大学生の場合は「MacBook Air」でも十分容量は足ります!そもそも「容量が足りない」の、容量には大きく分けて3つの種類があります。それが「CPU」、「メモリ」、「ストレージ」です。これらの3つがパソコンの動作の速さなどに関係してきます。詳しくは以前の記事で解説しているので、ご覧ください。

ではそれらを踏まえてMacBook Airの容量についてここから、さらに詳しく解説していきます。

 

MacBook Airの容量は組み合わせられる!

MacBook AirはCPUやメモリ、ストレージを自分好みにくまずは冒頭で話した、3つの容量について確認して見ましょう。MacBook Airでは以下のような仕様が設定されています。

CPU

  • Core i3
  • Core i5
  • Core i7

メモリ

  • 8GB
  • 16GB

ストレージ(SSD)

  • 256GB
  • 512GB
  • 1TB
  • 2TB

これら3つを自分に使い道に合わせて、組み合わせることができます。勿論、容量を増やせば値段も上がっていくので、価格と照らし合わせ、自分の用途に合わせたスペックを選ぶことが重要になります。

またバッテリー時間も12時間とされているので、自宅で充電しておけば最悪、その日充電器を忘れたりコンセントがなかった場合でも十分足りると思います。また重量も1.29kgととても軽いです。ですので持ち運ぶ場面が多い文系大学生の方にとっては実はものすごくオススメのノートパソコンなんです。

 

じゃあどのスペックを選べばいいの?

でも組み合わせが多すぎてどのスペックを選べば良いかわからないですよね。そこで元文系大学生で、現在MacBookを利用している私がオススメするのは

  • CPU:Core i5
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:256GB SSD

です。これらの組み合わせが文系の大学生の方にはオススメです。価格は学割を使って11万円程です。価格をもっと抑えたいという方はCPUをCore i3にするのもありです。そうすれば値段は1万円程安くなります。またあとで紹介する、動画編集やプログラミングにも興味があるという人はCore i5以上をオススメします。

SSD256GBに関してはこれで足りるの?と思う方もいるかもしれませんが、余裕で足ります文系の大学生であれば学校で使うデータのほとんどがエクセルデータやワードファイルのような文書データが主な物になります。それらは基本的に小さいデータなのでそこまで心配する必要はありません。市販で売っている4GB~8GB程度のUSBや、最近ではほとんどの学校でOne Driveというクラウドサービスを使うことになっていると思うので、そちらに保存しておけば大丈夫です。

また仮に動画データや画像が多い人で合っても、とりあえずは十分かなと思います。最悪足りなくなれば別売で安く売っているHDDに保存すれば良いかなと思います。安いだと6000円程度でも販売されていますので是非探してみてください。

レポートの提出や、資料作成、ネットサーフィンが主な用途であれば上記のスペックでも十分サクサク動作します。レポート作成中に動作がカクカクして電源が落ちたり、動画が止まったりなどはまずないと思います。あるとすれば、それは上記のスペック以外に問題がある場合がほとんどだと思われます。

基本的には文系の大学生においては、このスペックで容量が足りないという事態はまずあり得ないと思っていただいて大丈夫です。でもスペックが十分なのはわかったけど、やっぱりもう少し価格を抑えたいという方は是非こちらの記事も参考にしてください!

 

動画編集やプログラミングに興味がある人にもオススメ!

実はMacBook Airのスペックは一般的な文系大学生が使うにはやや高すぎるスペックです。なので、私は特に今後、YouTubeのような動画編集や、プログラミングに興味がある人にもMacBook Airをオススメしたいです。

ガッツリ動画編集や、プログラミング、曲作りなどを行う人であればやや物足りなく感じMacbook Proが選ばれがちですが、こらから始めたいという方であれば、全くMacBook Airでも問題ありません。むしろ価格もProよりは安く設定されているので、私はものすごくオススメします。

最悪、それらに興味を持てなくても価格が抑えられている分、後悔は少なくなります。また映画鑑賞や音楽鑑賞をする分にも音質や画質の素晴らしさからとてもオススメなのでまずはMacBook Airの購入をオススメします。

どうしても値段が高すぎるという方は今回紹介したMacBook Airと同等のスペックで破格のWindowsパソコンも以前の記事で紹介しているので、そちらを是非ご覧になってください!

 

まとめ

  • 基本的に普通の文系大学生ならMacBook Airでも容量は十分足りる

MacBook Airは値段が安いけど容量が足りるか不安だったという方はこれを見て少しはその不安が解消されたと思います!ご購入をお考えの方は是非参考にして頂けるとと嬉しいです。