文系向け!大学生協のパソコンは必要なのか?

 

  

2020年3月26日

これを読んでいる方は大学生協のパソコンが必要なのかどうか、イマイチわからないという人だと思います。もう既に大学生活が始まっている方は周りの人もそこそこ生協パソコンを使っている人が多いですよね。

新入生の方は生協から送られてくるパンフレットを見て、値段の高さにびっくりしてどうしようか悩んでいることだと思います。私も実際、入学当時、両親と悩んだのを覚えています。

大学生協のパソコンについては賛否両論ありますが、結局のところ生協パソコンは大学生活を送るにあたって必要なのでしょうか? 結論からいうと必要なしです。その理由についてここから解説していきたいと思います。

 

理由1:とにかく値段が高い

まず最大の理由が金額が高すぎることです。これはこれから紹介する2つの理由にも関係しますが、とにかく料金が高く設定されています。大体大学生協で販売されているパソコンは20万円以上かかるパソコンが用意されているのが相場ですが、これは高すぎです。

それに大学生協では購入したパソコンのセットアップ講習会のようなものがオプションとして付けることをオススメしてきます。その他にもWord、Excelの使い方などを教えてくれる講習会もあります。しかしそれらの知識は今の時代、ほとんどググれば無料で手に入ります。

それらのオプションを付けることを大学生協の方たちはかなり大袈裟にオススメしてきます。オプションは数万円の料金が取られることもあるので、もし生協で勧められているパソコンと、講習のオプションを付けることになると30万円近くなることもあります。

勿論、大学生協が詐欺をしているなどといったことは全くありません。彼らは皆さんが大学生活を安全で安心して過ごせるように、そのようなパソコン講座や、スペックが高いパソコンを用意している訳で決して悪い団体ではないことは勘違いしないでください。

また、こちらの記事では文系大学生に合ったスペックのパソコンを、生協パソコンの10万円以下の金額で紹介しているので是非そちらも覗いてみてください。今後のパソコン選びの参考になると思います。

 

理由2:余計な機能が多い

2つ目の理由は余計な機能が多いことです。特に私が個人的に必要ないと思うのがタッチパネルです。まあ確かに便利かもしれませんが、文系の大学生が普通にレポート提出したり、ネットサーフィンをする上では全く必要ありません。むしろ画面が汚れるだけで、なんのメリットもありません。

周りの友人は生協パソコンを使っている人が結構いましたが、タッチパネルを使っている場面をほとんど見たことがないです。友人のほとんどが文系でしたが、まずその機能を使っている人はいませんでした。

デザインなどを学びたい人や、趣味で漫画などを描く人にとっては確かにタッチパネルはとても便利です。しかしほとんどの人はレポートや資料はパソコンを使い、その他の動画視聴やネットサーフィンはほぼスマホで済ますことがほとんどのはずです。そういう人にとっては、大学生協のパソコンは余計な機能が多すぎです。

 

理由3:スペックが高すぎる

3つ目の理由はスペックが高すぎることです。2つ目の理由にも少し近いですが、ここでいうスペックはタッチパネルなどのわかりやすい装備のことではなく、パソコンの容量や処理能力のことです。それらのスペックが高すぎるんですね。これらは確かに性能が良いに越したことはないのですが、これらは金額を大きく左右します

ですので闇雲にただスペックが高いものを買えば良いという訳では決してありません。自分の用途に適したスペックが備わっているパソコンを購入することがお財布だけでなく、今後の大学生活をより充実したものにしてくれます。

大学生協で用意されているパソコンは文系大学生が使う分にはスペックが高すぎます。それについてはこちらの記事である国立大学のパソコンを例に詳しく解説しているのでご覧ください。

まとめ

  • 大学生協パソコンはいらない機能が多いことで金額がバカ高いので必要なし

今回は生協パソコンの必要性について解説しました。あくまでこれらは私が実際に大学生活を通して実感したことなので、文系の大学生の方は是非ここで話したことを参考にしてみてください!